ご自分が飲んでいるお薬についてどこまでご存知ですか?当サイトはアダラートカプセルを処方された患者様のためのアダラート情報サイトです。特に妊娠中・授乳中のお母さんはぜひご覧ください。

2016年09月の記事一覧

医院で緊急手術のリスクを下げるために飲むアダラート

アダラートによって血圧を下げるのは多くの高血圧患者が行っていることであり、日常的にそうするものだという理解をして食事のようにしてアダラートを服用している人もいます。日本には高血圧患者が多いこともあって、薬を飲むというのが当然と考えてシアムいともいるのです。しかし、その目的は忘れてはならないものであり、医院に行ったときにはその説明をしてもらっているはずです。アダラートによる降圧治療を行うことで血圧をある程度低い状態に保つことは合併症のリスクを低減させることにつながります。高血圧自体にはあまり自覚症状がありませんが、そこから派生して生じる疾患の中には緊急入院をして手術をする必要が生じるものもあります。脳卒中や心筋梗塞はその代表的なものであり、高血圧が原因となって生じうるものとして知られています。高血圧の状態は血管に対する負担が大きく、動脈硬化を引き起こすことが知られています。それによって血栓ができたり、血管の破裂が起こったりする場合があり、脳や心臓につながる動脈でそれが起こると脳卒中や心筋梗塞になってしまうのです。脳で起こった場合には意識が薄れて倒れてしまうことが多く、心筋梗塞の場合には胸の締め付けるような苦しみで起きていられなくなってしまうのが典型的です。いずれの場合にも救急車で病院に運び込まれることになるのが一般的であり、手術によって一命を取り留めることになります。後遺症が残ってしまうことも多いことが知られているため、その予防をしていくことが大切になります。長らくアダラートを飲む生活をしているとそのことを忘れてしまいがちになりますが、医院で受けた指導を忘れずに予防に努めていくことが大切です。

続きを読む