ご自分が飲んでいるお薬についてどこまでご存知ですか?当サイトはアダラートカプセルを処方された患者様のためのアダラート情報サイトです。特に妊娠中・授乳中のお母さんはぜひご覧ください。

眼に疾患リスクがあるアダラートとフルーツの注意

アダラートは高血圧の治療に用いられる降圧剤として知られているものであり、カルシウム拮抗薬に分類されます。高血圧の血圧管理においてはカルシウム拮抗薬は頻繁に用いられるものですが、中でもアダラートは徐放性製剤が開発されたことによって使いやすい薬として重宝されるようになっています。近年では生活習慣病として位置付けられている高血圧患者が増えていますが、同じように生活習慣が原因で糖尿病になってしまう人も多くなっています。高血圧も糖尿病も腎臓の状態が悪化していることに影響されやすいものであり、一方を発症してしまうと他方も発症しやすくなってしまうことが知られています。アダラートは糖尿病を発症してしまっても使用できる降圧剤の一つであり、そういった意味でも安心して降圧治療に使用できる治療薬となっています。糖尿病は進行してしまうと眼が見えなくなってしまうリスクもあるものですが、自覚症状が生じるときにはかなり重症化しているというのが特徴です。自覚症状がないというのは高血圧も同様であり、治療においても早期発見においても厄介になりがちなのもこれらの疾患に共通していることです。高血圧の治療においてはカリウムの摂取が推奨されるため、カリウムを多く含むフルーツを食べようとする人は大勢います。しかし、アダラートを使用している際には注意が必要です。グレープフルーツとの飲み合わせが悪いことが知られているからであり、フルーツを食べる際には他の種類のものにすることが大切です。また、糖尿病を合併しているときには食後高血糖の原因となりやすいことから、置き換えダイエットなどでフルーツをたくさん食べることは避け、適量を食べるということに注意しましょう。